【コーヒーが冷めないうちに】有村架純主演!喫茶店のエプロンやトートバッグが買える?

   

 

本屋大賞2017にノミネートされた
川口俊和氏の小説
『コーヒーが冷めないうちに』
実写映画化されることになり、

2018年9月21日(金)より
東宝系の劇場にて公開されます。

 

主演は有村架純。
共演に健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、
松本若菜、薬師丸ひろ子、
吉田羊、松重豊、石田ゆり子ら
豪華な面々を迎え、

「過去に戻れる喫茶店」で起こる
4つの心温まる奇跡を描きます。

4回泣ける・・・
あなたの戻りたい過去はいつですか?

 

 

 

 

ストーリー

 

時田数(有村架純)が叔父で店主の時田流(深水元基)と
切り盛りする、とある街のとある喫茶店
「フニクリフニクラ」

 

そこには不思議な都市伝説が!
それは店内の『ある席』に座ると、
望んだどおりの時間に戻ることができる
というもの。

ただし、そこには非常に面倒くさい
幾つかのルールがあったのでした・・・

■ルール

①過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。
②過去に戻っても、喫茶店を出る事はできない。
③過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ。
コーヒーが冷めないうちに飲み干さなければならない。
④過去に戻れる席には先客がいる。席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ。
⑤過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない人には会う事ができない。

 

数(有村架純)が淹れるコーヒーが
タイムスリップの引き金になる
という設定で、店に客が訪れます・・・

 

アメリカに行ってしまった
幼馴染の賀田多五郎(林遣都)
ケンカ別れをしてしまった
三十路直前の独身キャリアウーマン
清川二美子(波瑠)

 

若年性アルツハイマーに侵された
妻・高竹佳代(薬師丸ひろ子)と、
そんな高竹を優しく見守る夫・房木康徳(松重豊)

 

故郷の妹(松本若菜)を裏切って、
一人スナックを営む喫茶店の
常連客・平井八絵子(吉田羊)

 

数に次第に惹かれていく
常連客の大学生・新谷亮介(伊藤健太郎)

 

過去に戻れるという『ある席』に
いつも座っている謎の女(石田ゆり子)

 

 



スポンサーリンク

 

監督および主題歌

 

メガホンをとるのは、
「アンナチュラル」をはじめ、
「私、結婚できないんじゃなくて、しないんです」
「重版出来!」など多くのヒットドラマを
世に送り出してきた塚原あゆ子氏
本作が初の映画監督デビューとなります。

 

YUKIの新シングル「トロイメライ」が、
2018年9月19日(日)にリリースされます。

 

2018年2月まで続いたソロ活動15周年という
アニバーサリーイヤーを終え、
16年目へと突入したYUKI。

その第一歩目となる本楽曲「トロイメライ」は、
YUKI自らプロデュースを手掛け、
映画『コーヒーが冷めないうちに』のために
書き下ろしたもの。

 

「映画を観て、『トロイメライ』を聴いて、
何度でも泣いて、何度でも笑ってください。」
コメントされた新曲は、

優しくて力強い歌声、
そしてYUKI独特のファンタジー感とで

後悔を抱える人達が
タイムスリップするという物語に
しっかりと寄り添っています。

 

 

コラボアイテム

 

映画『コーヒーが冷めないうちに』と
フェリシモの『ユーズド(USEDo)』
コラボレーション。

オリジナルアイテムのウェブ販売
9月7日(金)より開始しています。

 

 

デニムエプロン、
デニムトートバッグの2点で、

エプロンは主人公が喫茶店
「フニクリフニクラ」で着ているものを
参考に少しアレンジ。
デニム生地で、胸には喫茶店の名前の刺繍入り。

 

トートバッグは、エプロンの雰囲気を
そのまま大きなバッグに。
こちらも、喫茶店の名前の刺繍が
アクセントになっています。

 

■ウェブでのお申し込みはこちらから

 

 

 

 - 映画・ドラマ , , , ,