人間関係の悩み解消のために知っておくべきこと!読みたい本!

   

 

1万人の悩みを救ってきた
理系出身の女性カウンセラーが、
認知行動療法をベースに
研究を重ねた上にたどりついた
「お悩み解決ツール」

 

『人間関係の悩みをスッキリ解く 5つの公式』
石川千鶴 著 1400円(税別)が
光文社より2018年9月20日(木)発売されます。

 

 

 

3つに分類される考え方のタイプ

 

「上司・同僚・部下とうまくいかない」
「恋人・パートナーが見つからない。関係が長続きしない」
「最近、友だち・仲間が冷たい」
「LINEグループから外された」
「ママ友に無視された」
「いくつになっても親に口うるさく注意される」

 

など、生きていくうえで
人間関係に基づく悩み、ストレスは
非常に大きいものです。

 

それを解決するためにはまず、
自分の考え方のタイプが

・「自分否定」
・「他人否定」
・「世の中否定」
のどれに当たるかを知ることから始めます。

 

そして自分の悩みを
「5つの公式」に当てはめていくと、

 

数学の問題を解くように
スッキリ解決の方向へと向かい、

あんなに悩んでいたことが、
固まった雪が次第にとけていくように、

頑なだった心がゆるんでいくのを
実感できるはずです。

 

 

 



スポンサーリンク

 

あなたも変われる!タイプ別変化

 

「自分否定」タイプ

 

■根底にある考え

・私はダメな人間。
・無能、愛されない愚かな人間。

 

■よく口にするセリフ(行動)

「すみません」「申し訳ありません」など、
謝りの言葉。
「でも……」「どうせ」など、
否定語、自分を卑下する語。

 

■公式を使うと
気持ちが楽になる考えに・・・

・できないこともあるけれど、
できていることもある。
・完璧な人間などいない。
・すべての人に愛されなくても、
私のことを愛してくれる人は何人もいる。

 

「他人否定」タイプ

 

■根底にある考え

・他人は信用できない。
・他人は自分勝手。自分のことしか
関心がない。
・他人はすぐ自分を利用しようとする。
・他人に弱みを見せてはいけない。

 

■よく口にするセリフ(行動)

「邪魔だなぁ」「まったく……」
「なってない!」など、怒りの言葉。
「しっかりしろ!」「あなたのせいで……」など、
相手を責める言葉。

 

■公式を使うと
気持ちが楽になる考えに・・・

・人の価値観は千差万別。
優劣をつけるものではないので、
お互いを認め合おう。
・人から学ぶことは多い。ライバルもよき仲間。
・三人寄れば文殊の知恵。

 

「世の中否定」タイプ

 

■根底にある考え

・生きづらい世の中。
・この社会、会社には将来がない。
・人は一生孤独なもの。
・世の中は公平であるべき。
・すべての人に好かれる必要がある。

 

■よく口にするセリフ(行動)

「この世の中は……」「この会社は……」
「仕方ないなぁ」など、世の中や組織を嘆く言葉。

 

■公式を使うと
気持ちが楽になる考えに・・・

・未来は誰にもわからない。
将来にもっとワクワクしよう。
・社会的な成功が
人間の価値を決めるわけではない。
・すべての人を好きである必要はない。
好きではない人がいてもいい。
・「2:6:2の法則」世の中にはあなたのことが
好きな人が2割、普通が6割、あなたのことが
嫌いな人が2割いる。

 

 

詳しくは書籍をご覧ください。

 

 

 

 - ライフハック , , , ,