【アートになった猫たち展】日比谷図書文化館での見どころは?ワークショップについても

   

スポンサーリンク

 

浮世絵蒐集家 中右瑛が長年にわたり
蒐集した浮世絵と近代美人画の
コレクションを中心に、

暮らしの中に描かれた猫や、
猫を愛した芸術家たちの作品を紹介する

日比谷図書文化館の特別展、
『アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~』が、
2019年4月26日(金)~6月23日(日)
開催されます。

 

猫を愛し、好んで描いた歌川国芳、
竹久夢二、藤田嗣治、そして現代の作家たちまで、
後期展示入れ替えを含めて
約100点が展示されます。

 

 

 

アートになった猫たち展

 

現在、空前の猫ブームと
言われていますが、
200年も前の江戸時代から
猫ブームは存在していました。

 

江戸の町では、
愛猫家の絵師 国芳が人気を博し、
多様な猫の姿が浮世絵に描かれました。

 

愛らしく、時に神秘的な猫は、
美人画や戯画に登場し、
江戸の庶民に広く親しまれてきました。

 

また近代では、竹久夢二、藤田嗣治、
水野年方、海外ではビアズリーなどが
自らの作品に好んで猫を描き、
多くの人々を魅了してきました。

 

■展示構成

・アートになった猫たち
・ねこを愛した芸術家たち
・ねこ爛漫 なぜ猫で描かれた?
・今も昔も暮らしの中に猫がいる「江戸編」
・今も昔も暮らしの中に猫がいる「明治編」

 

 



スポンサーリンク

 

本展 見どころ

 

江戸時代から現代まで、
さまざまな場面で登場する猫たちが
来場者を楽しませてくれそうです。

 

■猫を愛した芸術家たち

猫を愛し、好んで描いた歌川国芳、
竹久夢二、藤田嗣治、
そして現代の作家たちまで、
多くの作家による猫の作品を紹介。

 

■江戸と明治の猫がいる暮らし

幕末から明治にかけて
人々の暮らしを描いた作品の中にも、
多くの猫が描かれ、

人々に寄りそう、
また明治維新や文明開化も
他人事として佇む、
猫たちの愛らしい姿を紹介。

 

■歌舞伎の化け猫とパロディ、猫あそび

歌舞伎の名場面に登場する化け猫、
擬人化した猫のパロディや
猫を遊んだ作品など、
猫が主役となった、
いろいろな場面で登場する猫の姿を紹介。

 

 

イベントおよびワークショップ

 

■講演会
「黒猫奇譚 今も昔も猫好きな芸術家たち
~夢二・漱石から国芳まで~」

日 時:2019年5月16日(木) 19:00~20:30(18:30開場)
場 所:日比谷図書文化館 地下1階
日比谷コンベンションホール(大ホール)

講 師:中右 瑛(本展監修者、国際浮世絵学会常任理事)
定 員:200名(事前申込順、定員になり次第締切)
参加費:500円

※お申し込み詳細はこちら

 

■刺繍ワークショップ「にゃるふぁべっと」

かわいい猫のアルファベットを
刺繍して、本型のワッペンを作ろう!

※5月1日(水)より申込受付開始

日 時:2019年6月13日(木) 13:00~15:00(12:30開場)
場 所:日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス(小ホール)

講 師:千葉 美波子(刺繍家、ABCクリエイター)
定 員:24名(事前申込順、定員になり次第締切)
参加費:1,000円(材料費込み)

 

 

■アートになった猫たち展 開催概要

日比谷図書文化館 特別展
『アートになった猫たち展~今も昔もねこが好き~』

開催期間:2019年4月26日(金)~6月23日(日)

※5月20日(月)、6月17日(月)は休館日。
※5月21日(火)より一部作品が展示替え。

観覧時間:
月曜~木曜 10:00~19:00
金曜 10:00~20:00
土曜 10:00~19:00
日・祝 10:00~17:00
※入室は閉室の30分前まで

会場:千代田区立日比谷図書文化館 1階特別展示室

観覧料:一般300円、大学・高校生200円
※千代田区民・中学生以下、
障害者手帳の所持者および付添の1名は無料。
※住所が確認できるもの、学生証、
障害者手帳など要提示。

 

 

 

 - イベント・行事 , , ,